individual house

電気工事内容

電気工事には様々なものがありますが、一般電気工作物や電気事業用電気工作物などがあります。電気工事は内容によって方法が異なっており、それぞれ電気工事士が作業を行なっています。

業者と話し合う

工事現場で作業をするときにはまず依頼者と話をしなければなりません。太陽光発電の工事を行なうときにも話し合いをすることでこれからの作業の流れを掴むことができます。

道路の舗装をする

冬に多くの雪が降る地域などでは春になるとアスファルトが酷い状態になってしまいます。アスファルト舗装をすることでその状態を修繕することができ、道路も綺麗な状態にできます。

工事に必要不可欠

グラウト工事の価格に関して

「グラウト」と言いますと一般の人には耳慣れない言葉ですが、最近では耐震改修工事の際によく使われている材料です。セメント系、ガラス系、合成樹脂のモノが有り、流動性の高い材料です。また、強度も期待できる材料です。 その価格に関してですが、一般の材料と比較しますと高価では有ります。時期や地域によっても価格の変動が有りますので購入の際や、工事でグラウト材を使用する計画を立てる際には実際にグラウト材のメーカーや取扱い店に価格の動向を確認しておくと良いです。なぜなら、施工会社の立場であれば工事を行う際には決められた予算額が有りますし、工事を発注する側の立場で有れば、その価格を考慮した金額で発注しなければならないからです。

どの様な使われ方をするのか

グラウトがどの様な使われ方をしているのかです。セメント系ですと一般的に無収縮モルタルと言われる事が多く、材用を混錬した時には高い流動性があり硬化した時には収縮率が少なく強度も期待できます。そのような特性が有りますので狭い隙間や穴埋めに使用される事が多いです。例えば鉄骨柱の足元にベースプレートと言う部材が有り、鉄骨を建てる際にはベースプレートとその下の基礎コンクリートとの間に高さ調整の為に3センチメートル程度のクリアランスをとっておき鉄骨全体を調整した後にこの隙間を埋めます。この時に隙間を埋める材料として無収縮モルタルが使用されます。これは、一般のモルタルでは硬化後に収縮してしまい建物の応力が基礎に伝わらないので無収縮モルタルを使用しています。